〒424-0819
静岡県静岡市清水区元城町5-13

【診療時間】
9:00~12:00(午前)
14:00~19:00(午後)

【休診日】
日曜日/祝祭日/土曜日(午後)

【駐車場】
有り(2台)
※駐車出来ない場合は受付まで申し付けください。

ご予約の際はお電話下さい054-376-4422
アクセスマップ

HOME > よくある質問 > スポーツ外傷・障害

よくある質問

スポーツ外傷・障害

まず、スポーツで起こる外傷障害の違いを説明します。
スポーツ外傷とは、プレー中に明らかな外力によってケガをした場合をいいます。
例えば、転倒や衝突による捻挫や打撲、骨折、脱臼、靭帯損傷を起こした。ダッシュ時や踏み込んだ際にブチッと肉離れをした。などの事を言います。
スポーツ障害とは、使い過ぎ障害・使い過ぎ症候群・オーバーユースとも言います。
運動によって繰り返し過度の負担が積み重なり、プレー中に痛みを訴えたり、プレー後に痛みが出現したり、我慢していくと日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。
無理を続けてしまうと長期間の運動中止や手術等になってしまう事もあります。
代表的なケガの名前としては、野球肘・テニス肘・野球肩・シンスプリント・ジャンパー膝などがあります。
 
どんな運動をしていても言える事ですが、いかに未然に外傷や障害を防ぐ努力をしていてもスポーツ外傷やスポーツ障害は発生するものです。その外傷・障害が起きた際に適切な処置が取れるかどうかが、最も大切になります。
痛みがある時は、まずRICE処置(安静・冷却・圧迫・挙上)です。
冷やす時は氷を使用し、20~30分を1セットとして行います。冷やす為の材料は氷です。アイスノンやシップはおすすめしません。
 
また、痛みが発生した時はもちろん、違和感が出た時には、すぐに相談し、治療を開始する事をお勧めします。

このページのトップへ